木のぬくもりで暖かい、毎日高級旅館にいるような癒しのひのき浴室リフォーム|東京都町田市E様邸

日本人ならではの極上の楽しみ、「木のお風呂」。たまには温泉や和風旅館に行って、ゆっくりつかりたいなーと思われる方も多いはず。
そんな至福の楽しみを毎日自宅で味わえる、ちょっと贅沢だけど、わりと手頃な価格で出来上がる、そんな檜浴室リフォームが完成しました。

ひのき完成バー.JPG

1週間でひのき風呂に変わります。工事前は冷たいタイル浴室。月〜土曜日工事して、日曜は「ひのき風呂」入浴です。       

          

さあ、日曜日ゆっくり起きて午前中に遅めの朝風呂です。 

ひのき完成03.JPG   ひのき完成04.JPG

 

ひのき完成05.JPG

 

お湯がいっぱいに張り上がりました。
暖かそうな湯気が、ひのき浴槽から上がってきます。

木肌がきれいで見ているだけでも楽しくなってくることもさることながら、
なんといっても、この肌触りと木の香りがたまらなく、いいーのです。

 

「浴室内が本当に暖かくなって、身体の芯から温まるって、こういうことだなーっ」と実感されていました。

 

 

 

 

ひのき完成06.JPG ひのき完成07.JPG

シャワー水栓の前にはひのきカウンターを取付。さらに上の方に棚板2段つけましたので、シャンプーやリンス、掃除用のスポンジや洗剤などもたくさん置けて、すっきり便利です。

在来タイル浴室を、木肌が美しい檜壁板とヒノキ浴そうに改築工事中|施工地域は横浜、神奈川、東京

冷たい磁器タイルの上に、木のぬくもりいっぱいの檜羽目板を貼っていきます。天井も壁も2重構造になっていきますので、断熱性がアップ。さらに床も底上げして、洗面室床とバリアフリーにできます。冬の寒さも解消して安心の浴室に早変わりのリフォームです。

ひのき工事中1.JPGひのき工事中2.JPG

 

 

工事前

昔ながらのタイル浴室

冷たくて、とにかく寒い

目地の掃除も大変でした

 

 

 

 

 

 

 

 

ひのき工事中3.JPG

ひのき工事中4.JPG

 

 

 

既存のタイルの上にヒノキ板を貼っていくので、間に空気層ができて2重構造で断熱性がアップします。

 

ひのき工事中5.JPGひのき工事中6.JPG

 

 

天井、壁にヒノキ板が貼りあがりました。

浴室いっぱいに木の香りがして、工事中もとても良いにおいにつつまれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひのき工事中7.JPG

 

いよいよヒノキ浴槽を設置する日になりました。

工場より昨日届いたばかりの浴槽を、さきほど梱包から出したばかりです。

きめ細やかな柾目の綺麗な木肌です。ひのきの良い香りがただよってきて、浴室に設置するなが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る